忍者ブログ
Admin / Write / Res
りぷるーむの裏話とか 生存確認とか それはもう色々つらつらと。
<< 10   2017/11   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     12 >>
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。漣猗でございます。
ヤバかったコミティアも明け、穏やかに過ごせ…なかった5月。
いえ、もう次のコミティアですよ。ヒイイイイ。

何を描いてたかって、おなじみウォン夏に参加したからです。


企画元サイト→ウォンバットマガジン
ウォン夏はこちら→ウォンマガ夏フェス2016 TOPで。

今回絵描きが先ということで、アクセサリーお題に好き勝手やらかしたんですが、
なんとまぁメイキングをという声がありましてですね。
拙いながらもぽいぽいっとしておこうと思った次第です。

ただですね、物書きさんがこの絵にお話をつけて下さっているので、
そっちを先に楽しみたい方は、あとでの閲覧をおすすめします。
何故なら何をモチーフにどう描きたかったのかもちょっと関連しちゃうからです。


あと、めちゃくちゃ長くなったし画像多いから重くなったよ!\(^o^)/



では、何でもおkバッチコーイの方は、続きをポチっと開いてくださいね。
(スマホだと勝手に開いて出ちゃうみたいですが)


拍手





はい。ありがとうございます。
めっちゃ長いからね!
あと、完成した絵、そのものは是非サイトで見てくださいね!




ではメイキングでございます。


今回アクセサリーは五つだったんですが、(お題アクセサリーの写真はここを見てね) 使い方として、

・全部使ってもいいし何個かでもいいけど、必ず一個は使うこと
・モチーフとしてもいいけど、描く場合はなるべく忠実が望ましい(交流企画なので)

ってことだったんです。

なので、いっそ全部使っちゃいたいなーと思いまして(笑)


最初は百鬼夜行でも描こうかと思ってたんですけど、調べたら家庭の妖怪とか多くて、茶釜とか障子とか布団とか生活感あふれそうで、擬人化もしづらいなぁと(^◇^;)

だったら力のある女妖怪とか描けばいいんじゃない?
キャラクターが居ればお話作れるもんね?

と思って、今回の絵になることが決定したのです。


構図は方向性を決めたときに自然に浮かんだので、さくっと枠を作ります。


家のコピー機で10枚くらい刷っておきました。


妖怪に狙われる男の子が、かんざし魔除けにしてたらかわいいなーってところから生まれた草太くん。

あせあせしてます。かわゆい。

とりあえずつけ狙う妖怪は、女妖怪だからまずは女郎蜘蛛かなー?って思って糸ちゃんを作ります。
名付けが安直。

彼女はほぼこのまま完成に近い姿ですね。

次はそうねー、雪女かなってできた蘭ちゃん。

本来ならこの雪女ちゃんが鳥のブローチするはずでした。
そして、あとは猫又とー、妲己ちゃん? 玉藻の前? って悩んでました。

配置はこうかなー。

構図的にはこうかしら。

このときはもう少し動きのある絵でしたね。

んで、玉藻の前ラフを考えますがりがり。

これだとワンピのハンコックじゃね? って思って練り直し。

最終的にこのお顔に落ち着きました。

でも猫又がなかなか決まらないのと、雪女猫又がインパクトに欠けるなぁって思ったのとで、
急遽産女ちゃんと沼御前さんが参戦。
漢字揃えたい気持ちになったので、妖怪娘は三文字統一することに。

絡新婦、姑獲鳥、玉藻前、沼御前。


メンバーが揃ったのでがつがつ描きます。


普通の男の子っぽくなって満足。
名前は浅草(鬼灯の簪→ほおずき市)からとって浅沼草太くんにしました。草太くんかわゆす。


妖怪娘はなに着せたらいいだろうって悩んでたんですが、あるとき不意に
結婚式のお色直し衣装ってアクセサリーつけ放題じゃね?(*゜Q゜*)って降りてきたので
張り切って描きます。

まずは糸ちゃん。
呉服屋さんのお嬢さんがいいなって思ったので、さくさく着物。

これ、打ち掛けなんですけど、形やシワは自分の結婚式で着た衣装を参考にしてます(笑)
まさか自分のアルバムが資料になる日が来るとはwww
着物の形とか折り目しわだけならトレースしたって怒られないよ! 自分だもの!w
柄は変えましたけどん。

ということで和柄。あほのように描きました。ええ。



和柄って埋めても埋めても空いてる気がしちゃう悪魔の柄なんだぜ…
ちな、蝶柄なのは糸ちゃんが食べたいって思うかなと思ってv(鬼の所業)
そして何も見ないでも描けるくらい好きな絵柄だったりします。



次はうぶめちゃん。
さようならした雪女のスタイルをもとに鳥さんっぽく。
なんか、「姑獲鳥」だと中国の方で子供を盗む妖怪らしくて、日本の産女と逆らしいんだけど、渡ってきて混同されてって話読んで混ぜちゃおうかなーみたいな。

なのでマタニティラインっぽく。ブローチはリボンにつけてみました。洒落乙じゃない?(自画自賛)

なんか髪の毛広がりすぎてるなーと思ったのでスッキリさせてみたり。



ねくすと。玉藻の前ちゃん。
お顔は決めたので体を描き描き。

気付いたらめっちゃダイナマイトなおねえさまになってたお。あるえー?
そしてチャイナ。実は玉藻の前ちゃんは、かの有名な封神演義の妲己ちゃんであり、インドでも華陽夫人として傾国しまくった悪いきつねさんだった、ってことなので、チャイナとかサリーとかいいよねーって思ってこうなったよ。インドは沼御前ちゃんに使おうと思って玉藻の前ちゃんはチャイナに。
中国の結婚式は赤が正装なんだってね! 赤いチャイナかわゆ!
おめでたい鳳凰と、オーソドックスな花柄って思って牡丹をガリガリ。


牡丹も大好きな絵柄。花は一時期めっちゃ描いてたから今でも描きやすい。



最後は沼御前。
彼女は髪型にちょっと迷ったかな。
蛇神ってインドから来てるから髪飾りにインドな雰囲気をちょちょっと。
沼御前のお話は若干七夕っていうか機織りのお話も混ざっているので、ちょっと古風に結わいてみたり。

マーメイドラインで蛇っぽさ、フリルで鱗を演出してみたり。
おでこ出すのもこの子にして、それぞれ特徴出揃ったかな、と満足(*´-`)


しかし。


さーペン入れだーと思ってみんな並べてみたけど、うぶめちゃんだけちょっと華がなくないか?
と思い始める。。。


急遽うぶめちゃんドレス変更。

レースを描くより石をちりばめた方が余計重そうな感じが出ていいよね! とか思ってみたり。


そして地獄の和柄なぞりが終わったのでした…

この時点で背景の寂しさに蛇とか尻尾とか付け足す私本当バカ(〆切当日のはなし)


あとはスキャンして、いい感じになったかなーって並べてみる線画達。


番傘はシェイプツールで。32角形(笑)





それぞれ塗装






合成して文字入れたら完成です。


あれ? 塗りのメイキングは? って?

〆切当日に必死になってやってたので覚えてないし残ってないYO!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

そこが目当てだった方はごめんなさい。
いや、エリアごとに塗り分けたレイヤー多分残ってると思うけど、見たいかな?
マウス塗りだしね。
需要があったらにします。今でさえめっちゃ長いので。



では長々とお付き合いありがとうございました!
よろしければ感想なぞお願いします。
完成品の感想でもいいよ!(笑)
お話の感想も嬉しいよ!(笑)


それでは、また。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
漣猗
HP:
性別:
女性
趣味:
イラストとか詩書きとか。
自己紹介:
オリジナルイラストメインのしがない絵描きです。
のんびりまったり、時に欲望にまみれながら(笑)
好き勝手やってます。

好きな言葉も好きなものも、憧れも、さざなみ。
りぷぶっくろぐ
最近読んだ本とか好きなCDとか。
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©  りぷろぐ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]